楽天カードを作るとき楽天カードと楽天ゴールドカードではどちらがオトクなのか?

2016年9月に楽天ゴールドカードが新登場しました!

年会費が2,000円(税抜)と通常1万円程度する他社のゴールドカードに比べると、比較的手軽な年会費で持つことができるのが特徴です。

楽天カードは楽天プレミアムカードという年会費10,000円(税抜)のカードもあるのですが、楽天ゴールドカードはその中間に位置するカードになりますね。

さて、この楽天カードと楽天ゴールドカード。
どちらがオトクなのかを比較してみました。

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは?

まずは年会費。
楽天カードはもちろん年会費無料です。
一方の楽天ゴールドカードは2,000円(税抜)です。

街のお店や公共料金の支払いなど通常の利用時のポイント還元率は楽天カード、楽天ゴールドカードともに1%と差がありません。
普段の利用では年会費分ゴールドカードの方が損をしてしまうことになります。

では楽天市場で利用した場合はどうでしょうか?
楽天市場での利用に関しては、楽天カードが3%のポイント還元であるのに対して、楽天ゴールドカードが4%のポイント還元となっています。
楽天市場で利用する場合は1%分楽天ゴールドカードの方がトクをすることができました。

楽天ゴールドカードはETC利用者と空港ラウンジ利用者がトクをできる

楽天ゴールドカードを持つことのメリットはETCカードを持つ方にこそあると思います。
楽天カードでETCカードを持つ場合には通常500円の年会費がかかってしまいます。

しかし、楽天ゴールドカードを持っている場合にはこの年会費が無料でETCカードを持つことができるのです。

さらに空港ラウンジを利用できるのも楽天ゴールドカードだけです。
国内主要空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港ラウンジが無料で利用できるのです。

ヘビーユーザーでなければ通常の楽天カードでOK!

楽天ゴールドカードは年会費が2,000円(税抜)かかってしまいます。
この年会費を楽天市場のみで利用しようとする場合には、年間で200,000円以上の買い物をしなければなりません。

よっぽどの楽天市場のヘビーユーザーでないとこれだけの金額を利用することは難しいですよね。

楽天カードはゴールドカードでなくてもかなり高いスペックを誇っているので、変に背伸びをしなくてもいいと思います。

ふるさと納税の支払いに、nanacoのチャージに。
楽天カードを幅広く利用してみてください。

▼楽天カードの申し込みはこちらから▼