AppleがMacBook Air、iPad Pro、Mac miniの2020年モデルを発表!旧モデルとの違いは?

毎年新製品が発表されるたびにニュースになるApple。
この新作発表を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?
2020年は3月18日に新しい製品が発表されました。

今回はMacBook Air、iPad Pro、Mac miniの新モデルが販売されています。
旧モデルとの違いはどこにあるのか。

まとめさせていただきました。

スポンサードサーチ

MacBook Air

Macbook Airは2018年に大幅なリニューアルされてから、2019年、2020年とマイナーチェンジを繰り返しています。
2020年は上位モデルではCPUがクアッドコアとなっています。

また、SSDも256GBで104,800円(税抜)と2019年モデルと比較するとリーズナブルになっている点も注目ですね。
SSDも最大2TBまで上げることができ、すべてのデータを持ち運ぶことができるようになっています。

MacBook Air2020年モデル 104,800円(税抜)

●CPU
・第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
→第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz) +10,000円(税抜)
→第10世代の1.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz) +25,000円(税抜)

●メモリ
・8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
・16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ +20,000円(税抜)

●ストレージ
256GB SSDストレージ
512GB SSDストレージ +20,000円(税抜)
1TB SSDストレージ +40,000円(税抜)
2TB SSDストレージ +80,000円(税抜)

Magic Keyboardが採用!

今回大幅に変更されたのがキーボードです。

これまではバタフライキーボードが採用されていましたが、MacBook Pro16インチに採用されたシザー構造が採用されたMagic Keyboardになっています。
また、微妙な変化ですが右下のカーソルキーが逆T型になっているのも変更部分です。

iPad Pro

iPad Proはベゼルレスモデルになって初のリニューアルとなります。

大幅な進化を遂げたカメラ機能

今回最大の変化となっているのが外見からもわかるカメラの進化です。
iPhone11でも採用されている、広角カメラと新しい超広角カメラを使うことができます。
これ1台で撮影からネット上へのアップをすべて行うことができます。

iPad用のトラックパッド搭載キーボードが販売!

待望のiPad用トラックパッド機能を搭載した専用キーボードが販売されます。
これによりiPad1台で細かい作業を行うことができます。

残念ながらトラックパッド搭載キーボードの販売は2020年5月の予定となっています。

スポンサードサーチ

Mac mini

今回一番地味なアップデートとなっている印象ですが、Mac miniもリニューアルされています。

これまでは128GBが最低ストレージとなっていましたが、256GBストレージからのスタートとなっています。
なのに価格は以下のようにお手頃価格で買うことができるようになっています。

2018年モデル 128GB 89,800円(税抜)
2020年モデル 256GB 82,800円(税抜)

Mac miniは最安モデルでのCPUがクアッドコアとなっているので、普通に利用する分には遜色なく利用することができます。
購入を検討されている方は今が買いどきですよ!

まとめ

今回社会情勢もあって、発表会は中止となってしまいましたが、ネット上ではすごい盛り上がりとなっていました。
やはりAppleの新製品が出るとわくわくしてしまいます。

購入を検討していた方は今回の新作を機に購入してみてはいかがでしょうか?
Appleの最新の技術を体験するようにしましょう!