d払いがセブン-イレブンで使えるようになります!合わせて楽天ペイ、ゆうちょペイ、auペイも

自社のサービスとして生み出したセブンペイが不正アクセスにより、早々にサービス終了に追い込まれてしまったセブン-イレブン。

今は他社サービスを導入する方向へ切り替えて、顧客獲得を目指しています。

PayPay、LINE Pay、メルペイの3社合同、5週間連続100円引きセールはその象徴とも言えるキャンペーンになっています。
そしてセブン-イレブンでは新たに4つのスマホ決済サービスが導入されることが決まりました!

セブン-イレブンでd払い、楽天ペイなどが利用可能に!

セブン-イレブンでは2019年10月1日より、以下4つのスマホ決済サービスが使えるようになります!

・d払い
・楽天ペイ
・ゆうちょペイ
・auペイ

これまでに利用できていたPayPay、アリペイ、ウィーチャットペイ、LINE Pay、メルペイと合わせて9つのスマホ決済サービスを利用できるようになります。

セブン-イレブンの調査によるとお客さん全体の6割が現金で支払いをしているという統計が出ているみたいです。
増税に伴い、キャッシュレスサービスを利用することでポイント分オトクになるので、そちらの利用率をあげていく狙いがあるようです。

独自の電子マネーサービスであるnanacoもあるので、今後セブン-イレブンでの支払い方法が便利になるというのはうれしいですね!

まだ導入されていないサービスは今後導入されるのか?

Origami Payを始めとしたまだセブン-イレブンで導入されていないスマホ決済サービス。
今度導入の可能性はあるのでしょうか?

Origami Payは現状ローソンなど一部店舗での導入にとどまっており、そこまで普及していない印象があります。
大手コンビニチェーンで利用できないということはサービスとして致命的な欠点になってしまいます。

そのことを考えると今後Origami Payがセブン-イレブンで利用できる可能性もあり得ると思います。

まとめ

セブン-イレブンで利用可能になるd払いや楽天ペイ。
私たちの生活が便利になるのはどんどん歓迎をしていきたいですね!

残念ながら、ポイントカードを提示するだけのポイントサービスは導入していないので、スマホ決済で少しでも便利さをアピールしていく狙いのようです。
今後ローソン、ファミリーマートに対抗してポイントサービスの導入なども期待したいですね。

それこそd払いや楽天ペイの導入に合わせて、dポイントや楽天ポイントが貯まるようになったら、セブン-イレブンがコンビニチェーンのトップに立ち続けることになると思います。