ステータスのあるクレジットカード体験談!エポスプラチナカードの年会費で元を取る方法をご紹介!

クレジットカードを持つことがステータス。
そう言われる時代はとうの昔に終わってしまった印象があります。

クレジットカードといえば年会費無料が当り前の時代ですし、クレジットカードを節約術のひとつとして利用している方もたくさんいます。

しかし、そうは言っても一度は持ってみたいステータスのあるクレジットカード。
ゴールドカードはもちろんですが、さらに上位のプラチナカードやブラックカードはサービス内容も充実しており、憧れのクレジットカードですよね。

これまで年会費無料にこだわってきた私も「ステータスのあるクレジットカードを持ってみたい!」という強い思いを元に自分にあったカードを探してみました。

 

エポスプラチナカードはステータスのあるクレジットカードの入門者へうってつけ


そこで見つけたのがエポスプラチナカードです。

エポスプラチナカードは通常年会費30,000円かかるクレジットカードでプライオリティパスを年会費無料で持てたり、旅行保険が充実しているなどがっつりステータスのあるカードであると言えます。

私がエポスプラチナカードを選んだ理由としては、年会費3万円はインビテーションによる招待でカードを申し込んだ場合には年会費2万円で持つことができます。
これだけでも年会費1万円安く持つことができるのでお得感がありますよね。
私のようにインビテーションされていなくても、年間100万円以上利用すると翌年以降の年会費を2万円にすることもできるので、後から年会費を下げることも可能です。

 

年間の利用金額によってもらえるボーナスポイントで年会費の元を取ろう!


エポスプラチナカードは1年間の利用金額によって下記のようなボーナスポイントをもらうことができます。

エポスプラチナカードのボーナスポイント
年間の利用金額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント

上記のように年間100万円以上利用すれば20,000円分のポイントがもらえるので年会費の元をとることができます。
さらに200万円以上利用すればポイント分オトクになりますね。

エポスゴールドカードはインビテーションされた場合には年会費が無料であり、年間100万円以上利用すると10,000円分のポイントがもらえるので、ゴールドカードと同等の還元を求めるのであれば年間200万円以上利用が必須となりますね。

 

エポスプラチナカードに支払いをすべてまとめてボーナスポイントを手に入れよう


それでは実際に年間の利用金額100万円を目指してエポスプラチナカードを利用していくようにしましょう!
年間で100万円ということは1カ月当たり83,333円程度になります。

まずは携帯電話料金からはじめよう

スマホを3台キャリアで利用する場合には月額8,000~10,000円程度かかってしまいます。
スマホ代金の支払いをすれば年間で10万円程度になります。
このように毎月支払っているものはすべてエポスプラチナカードにしてしまいましょう。

公共料金の支払いでポイントが3倍になる!

公共料金の支払いも毎月必ず発生するものなので、これもエポスプラチナカードで支払いをするようにしましょう。
さらに選べるポイントアップショップでは最大3つのよく利用するサービスを選んぶことで、そのサービスの支払いが通常の3倍になります。
ポイント還元率が1.5%になるので、他のクレジットカードに還元率で劣ることなく利用金額を積み重ねることが可能です。

kiigoでnanacoギフト券を購入して住民税・固定資産税を支払う


kiigoはデジタルコードの通販サイトでiTunesやnanacoのギフトコードをクレジットカードで買うことができます。
セブン-イレブンで税金を支払う場合にはnanacoで払うことができます。

nanacoギフトコードをkiigoでエポスプラチナカードを利用して購入すれば、間接的に税金をクレジットカードで支払うことができます。
これにより人によっては年間で20-30万円程度利用金額を上乗せすることができます。

さらに国民年金と国民健康保険を自分で払っている場合にはさらに数十万円分増額することができます。

ポイントが2倍になる誕生月に買いものはまとめる

エポスプラチナカードは誕生月の利用金額が2倍になります。
通常200円(税込)で1ポイントのところ、2ポイント貯めることができます。

ちょっと高価な買い物などは誕生月に済ませるととてもオトクですよ。
これはkiigoでの利用も対象になるので、nanacoギフトコードの購入は誕生月にまとめるようにしましょう。

ふるさと納税もエポスカードで

さとふるなどのふるさと納税サイトではクレジットカードで納税をすることができます。
これはとくに裏ワザとかではなく普通に支払うことができるので安心してください!

年収によっては10万円以上納税することもできるので見逃せないですね。

 

まとめ


ステータスクレジットカードのなかでプラチナカードはゴールドカードを上回るスペックを持っています。
しかし、エポスプラチナカードであれば年会費を実質無料で持つことも可能になっています。

これからステータスのあるクレジットカードを持ってみたいという方にはオススメですよ!
エポスプラチナカードは海外旅行保険やグルメクーポン、空港ラウンジの利用などたくさんの特典が満載です!

興味のある方はぜひインビテーションを目指してエポスカードを利用してみませんか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です