エポスプラチナカードへインビテーションされる条件は?インビテーションの体験談をご紹介します!

エポスカードを発行してから2年が経過しました。
その間エポスゴールドカードへインビテーションされ、ゴールドカードになってからもメインカードとしてエポスカードを使ってきました。

そして!ついにエポスプラチナカードにインビテーションされました。

元々は年会費無料のエポスゴールドカードを目指してエポスカードをメインに使っていたのですが、オトクな特典がたくさんあるエポスプラチナカードが欲しくなってしまいました。

そしてエポスカードを利用して約2年。
ついにエポスプラチナカードへのインビテーションが届きました。

インビテーションはこのようにエポスアプリ内で確認ができます。
左上にプラチナカードへご招待!の文字が表示されたらそれがインビテーションの合図です!

今回は私のインビテーション体験談として、エポスプラチナカードまでの道のりとインビテーションされる条件についてご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

エポスプラチナカードへの道のり

エポスプラチナカードへインビテーションされるための条件についてご紹介をします。
私は1年9カ月ほどでプラチナカードになることができました。

それではエポスカードを申し込んでからの流れをみていきましょう。

<1>まずはエポスカードを発行しよう


エポスカードを発行しましょう!
とりあえずこれが最初のスタートですね!

はじめからエポスゴールドカードを申し込むという手もありますが、初年度のみ年会費5,000円がかかってしまうので、最小コストで進めるのであればまずはエポスカードを発行しましょう。

<2>エポスカードを使ってエポスゴールドカードを目指す


最初の通過点としてエポスゴールドカードへのインビテーションを目指しましょう。

エポスゴールドカードはインビテーション以外で申し込みをすると年会費5,000円かかるのですが、年間の利用金額が50万円を超えるとその翌年からは年会費が永年無料になります。
おそらくこの基準が1つの目安になっていると思うので、最初は年間50万円の利用を目標にしましょう!
月々5万円弱利用すれば十分に到達できる金額です!

ちなみに私は発行から6ヶ月くらいでインビテーションが届きました。
その時の利用金額は35万円くらいでした。
利用回数も影響するという噂があるので、コンビニなどの細かい支払いもめんどくさがらずに小さい金額でもコツコツとエポスカードを活用することがポイントになりそうです。

<3>エポスゴールドカードを活用してエポスプラチナカードを目指す

エポスゴールドカードへインビテーションされたらいよいよエポスプラチナカードを目指しましょう!
買い物に、公共料金の支払いにエポスゴールドカードをフルに活用するようにします。

エポスプラチナカードはインビテーション以外で申し込みをすると年会費30,000円かかるのですが、年間の利用金額が100万円を超えるとその翌年からは年会費が20,000円になります。
ゴールドカードの時と同様にこの基準が1つの目安になっていると思うので、最初は年間100万円の利用を目標にしましょう!金額の目安としては100万円の利用を2年間続けることが基準になるみたいです。

私は早くインビテーションされたかったので100万円を超えてからも利用を続けて、120-130万円程度利用していたときにインビテーションが届きました。
個人差はあると思いますが、年間利用金額100-200万円がインビテーションの条件になると思います。

私はエポスカードを発行してから2年弱。
ゴールドカードを発行してから1年2ヶ月くらいでインビテーションが届きました。

この辺は個人差があると思うのですが、最短で2年でプラチナカードへインビテーションが可能ということを実証しました!

▼エポスカードの申し込みはこちらから▼

エポスゴールドカードは使ってオトクになるクレジットカード!

エポスゴールドカードはボーナスポイントとして年間50万円以上で2,500ポイント、100万円以上で10,000ポイントがもらえます。
まずはこの100万円を目標に年間で120万円くらいの利用するようにしましょう。
月の金額に均すと10万円くらいですね。

エポスゴールドカードは「選べるポイントアップショップ」というキャンペーンを展開しています。
これはエポスが選定したお店やサービスの中から3つを選ぶことができ、その選んだお店やサービスの支払いにエポスゴールドカードを利用するとポイントが3倍(ポイント1.5%還元)になるのです。

このようなキャンペーンを上手く使いながら、カードを利用するようにしましょう。

エポスプラチナカードのインビテーションが届いたら即日受取可能!

エポスカードといえばマルイで即日受取可能なのがメリットの一つですが、エポスプラチナカードももちろん即日発行が可能です。

私もすぐにエポスプラチナカードを手に入れたかったので、エポスカードのアプリ上で発行手続きを済ませて、エポスカウンターに受け取りに行ってきました。
当日の朝8時くらいに申し込みをして、14時くらいに受け取りに行ったのですがカードはちゃんと発行されていました。
本当にこのスピード感はすごいの一言!

エポスカウンターではエポスプラチナカードの書類などが入っている封筒を受け取りました。

高級感のある黒の封筒に、Plutinumの文字が目立ちます。
プラチナカード保有者になったという優越感に浸ることができますね。

スポンサードサーチ

まとめ

エポスカードをプラチナカードへインビテーションされる方法を紹介させてもらいました。

<1>エポスカードを発行する
<2>エポスカードを50万円程度利用する
<3>エポスゴールドカードを100-200万円程度利用する

プラチナカードへの道のりはざっくりとこんな感じになります。
もしエポスカードへのインビテーションを検討されている方はぜひ参考にしてみてください!