MacBookPro16インチが登場!フルスペックの価格はなんと65万円越え!?

前々からリリースの噂があったMacBook16インチ。
2019年11月13日(水)にいよいよ発表されました!

今回サイズは一回り大きくなっており、ベゼルも狭くなっているのが特徴です。

まさに「最高をつくる人に最高のツールを。」のコンセプトの通り、クリエイティブを生み出す人のために最適なMacBookになっています。

今回のMacBookPro16インチのリリースを機に、15インチが公式サイトから姿を消しました。
今後最新モデルが発売されることはないので、15インチモデルが欲しいという方は家電量販店などで在庫品を買うようにしましょう!

フルスペック価格は65万円越え!プロのためのMacBookPro

今回のMacBookProのエントリー価格は以下のようになっています。

2.6GHz 6コアプロセッサ 512GBストレージモデルが248,800円(税抜)
2.3GHz 8コアプロセッサ 1TBストレージが288,800円(税抜)

メモリはなんと64GB、SSDは8TBまで増設することができ、フルスペックのカスタマイズモデルの価格はなんと651,800円(税抜)となっています。
税込になったときには70万円を越えてしまいます…

ここまでのハイスペックを使うこなせる人がいるのか?というと疑問を覚えてしまいますが、ノートパソコンにここまでの性能を搭載できるというのがMacBookPro16インチの最大の魅力になっています。

バタフライキーボードをシザーキーボードへ変更!Touch Barもマイナーチェンジへ

今はなき2015年に発売されたMacBook12インチで初めて採用されて、およそ3年半3回のモデルチェンジをしてきたバタフライキーボード。
このバタフライキーボードのおかげでMacBookの薄さを実現できていたのですが、そのタイピングの打ちにくさとゴミなどが詰まって故障の原因になるなど、大変不評の声が多かったのです。
Appleはとうとうこのバタフライキーボードを諦めて、従来のシザーキーボードへと変更をしています。
私個人としてはバタフライキーボードに慣れてしまっているので、今シザーキーボードを使うとどのようになるのか不安があります。

さらにこちらも不評だったTouch Barキーボード。
これまではファンクションキーのある一列がすべてTouch Barとなっていました。

しかし、ESCキーとMacBookAirの2018年モデルから採用されている指紋認証センサーを切り離しています。


こちらも「使いにくい」という声が多かったので、改善を図った感じになるのでしょう…
使い勝手がどのようになっているのか気になりますね。

まとめ

MacBookPro16インチはプロもためのMacBookになっています、
価格も最安モデルでも税込で25万円超えになってしまうので、お手頃価格とは言えませんね…

ただ動画編集などクリエイティブな作業をするのであれば絶対に十分なパフォーマンスを発揮してくれます!
気になる方はアップルストアなどで新しいMacBookProを体験してみてください!