はんこの押印(おういん)と捺印(なついん)って知っていますか?意外と知らない印鑑の豆知識

宅急便の受け取りや銀行口座を作るときなどに利用するはんこ。
はんこには押印(おういん)と捺印(なついん)というものがあり、ちょっと意味が異なるのです。

押すはそのまま「おす」という意味ですが、捺にも手で押し付けるという「おす」という意味があるのです。

それでは押印と捺印とはそれぞれどんな違いがあるのか?
実際に見ていくようにしましょう!

押印(おういん)とは?

押印の正式名称は「記名押印」といいます。

パソコンなどで印刷された自分の名前の横にはんこを押すことを「押印」と呼ぶのです。

記名(きめい)とは?

パソコンなどで名前が印刷されていたり、予め書類などに自分の名前を印刷しておくことを「記名」といいます。
もちろん記名だけでも法的に意味のあるものになるので、書類などを提出するときには注意街必要です。

捺印(なついん)とは?

押印がパソコンなどに印刷された名前の横にはんこを押すのに対して、捺印は自分で手書きをした名前の横にはんこを押すことをいいます。

印刷された名前の横にはんこを押す押印と比較すると、名前も自分で書いているので、その重要度も高くなります。

署名(しょめい)とは?

反対運動などで、「署名活動」などを行うことがありますが、自分の名前を手書きで書くことを「署名」といいます。
署名は自分でその書類にサインをする行為であり、その契約を認めたことになります。
パソコンなどで印刷する記名よりも重要になるので、より注意が必要です。

法的に責任の違いがあるのか?


それではここまで紹介をさせていただいた、押印、記名、捺印、署名のそれぞれ法的に責任の違いがあるのでしょうか?
順位付けをしてみましょう。

法的に自分で名前を書く署名・はんこの2つ揃っている捺印の価値が高くなるのは理解ができます。
問題は手書きで名前を書く署名とはんこのどちらの価値が高いかですね。
実は以下のようになっています。

1位 捺印(署名・はんこ)
2位 署名のみ
3位 押印(記名・はんこ)
4位 記名のみ

はんこを押すことよりも、自分の名前を手書きで書く(署名)の方が法的な価値は高くなっています。
それだけ自分の名前には意味があるということを考えて、署名をするときは十分に注意をするようにしましょう!

安易に契約時に条件の確認をせずに、サインをしてしまうなんてことのないようにしてください。

まとめ

意外と知らない豆知識として、押印と捺印の違いについてご紹介をさせていただきました。

押印 パソコンなどの印刷された名前の横にはんこを押す
捺印 自分で手書きで書いた名前の横にはんこを押す

それぞれこのような違いになっています。

捺印をするときは住宅や自動車の購入など大きな買いもののときなどになってくると思います。
その意味を十分に理解した上ではんこを押すようにしてください。