PayPayで東京電力・東京ガスといった公共料金の支払いが可能に!0.5%分のポイント還元も

電気やガス、水道といった公共料金の支払い。
銀行口座の引き落としにしている方はいいのですが、都度コンビニなどで支払いをしている方は結構面倒ですよね。

これまで公共料金の支払いをする際にはセブン-イレブンでnanacoで支払いをすると、nanacoへクレジットカードでチャージした分、ポイントがもらえるという方法がありました。
しかし、これだとnanacoへチャージする手間がかかる、セブン-イレブンでしか支払えない。nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードが限られているといった問題がありました。

そんな不満を一新してくれるサービスをPayPayがスタートします!
なんとPayPayで公共料金の支払いができるようになるのです!

PayPayで公共料金の支払いをする

PayPayで公共料金の支払いをするフローは以下の通りです。

<STEP.1>「スキャン」をクリック
<STEP.2>払込票のバーコードを読み取る
<STEP.3>「支払う」をクリック

コンビニなどの店舗へ足を運ぶ必要がなく、自宅でスマホ1台で完結するので簡単ですね。
さらにPayPayで公共料金の支払いをすると0.5%分のポイントをもらうことができます。
もらったポイントは次月以降の支払いに利用することもできますし、コンビニなどのPayPay加盟店で利用することもできます。

ポイントを無駄なく使うすることができるのもPayPayで支払う魅力ですね!

すべての公共料金の支払いができるの?

2019年9月現在、PayPayで公共料金の支払いができるのは以下の6つのみになっています。

・東京ガス
・東京電力
・東京都水道局
・広島ガス
・中国電力
・九州電力

9月30日にはYahoo!マネーとPayPayの統合により、Yahoo!マネーで支払いのできる約300の地方公共団体の事業者の支払いにも利用できる予定になっています。

いずれは住民税や固定資産税などの支払いも可能に?

私は住民税や固定資産税などをnanacoを利用して支払いをしているのですが、いつかはPayPayを利用して支払いができるようになればいいなと思っています。
支払いの期限を忘れがちなので、ふと気がつくと期限ギリギリになってしまったりするので、自宅にいてスマホで支払いができれば簡単に完結するので便利です!

さらにポイントももらえるのでうれしいこと尽くめになりますね。

まとめ

公共料金の支払いがスマホ決済のPayPayでできる!
より生活が便利になるのでとてもありがたいサービスですね。

今後はペーパーレスの時代になっていくと思うので、モニターに表示されたバーコードを読み込むだけで支払いができるなど、より便利になっていくといいですね。

とりあえず私の希望としてはPayPayで住民税や固定資産税の税金の支払いができるようになることを期待したいと思います!

▼PayPayのインストールはこちらから▼
iOSの方はこちら
Androidの方はこちら