PayPayクレジットカードが登場へ!ポイント還元率や年会費など気になるスペックは?

ソフトバンクとYahoo!が共同出資をして生まれたスマホ決済サービスのPayPay。
私もサービスリリース当初から利用しており、100億円あげちゃうキャンペーンの第一弾ではApple製品を購入し、第二弾ではコンビニやドラッグストアなど幅広い店舗で利用していました。

そんなPayPayが今度はクレジットカードや銀行、証券口座など幅広い金融ジャンルへの進出を模索しているようです。

Yahoo!では現在ヤフーカードというTポイントが貯まるクレジットカードを発行しています。
今後はPayPayカードとして新しく生まれ変わるという日が来るかもしれないですね。

Yahoo!からPayPayへ!その理由は?

Yahoo!はもともとは米Yahoo!が保有していました。
現在は米Yahoo!はアメリカの大手通信会社のベライゾンが買収をしており、Yahooの名前を使うことに商標使用料がかかります。
その使用料は売上の3%とも言われており、純利益から引かれることになります。

そんな現状を打開するために、Yahoo!は2019年10月にZホールディングスへと社名を変更。
これを機に新しくPayPayというブランド名で、金融系のサービスを名称変更、サービス立ち上げへと移管していくようです。

名称変更としては具体的にはヤフーカードとジャパンネット銀行が対象になりそうです。
それぞれPayPayカードとPayPay銀行という名称に変更して、現在関係の深いTポイントとの連携も解消して、独自のPayPayポイントへの切り替えを行います。
同社のヤフーショッピングではキャンペーンなどでもらえる期間固定TポイントをPayPayへ変更予定もあり、Yahoo!のTポイント離れは今後加速していきそうです。
ヤフーショッピングもPayPayショッピングへ変わるかもしれないですね。

PayPayカードのスペックはどうなる?

現在Yahoo!から発行されているヤフーカード。

カードの利用で1%分のTポイントが貯まり、年会費も無料で持つことができます。
国際ブランドもJCB、VISA、マスターカードの3種類から選ぶことができるので、利便性の高さが魅力になっています。

それではPayPayカードはどのようなスペックになるのでしょうか?

PayPayとの連携

まずはPayPayとの連携が大前提となるので、PayPayへのチャージ、PayPayからの支払先として利用しやすくなるでしょう。
現状ではヤフーカードでしかクレジットカードからのチャージができませんが、PayPayカードでもチャージができるようになると思います。

クレジットカードのライトユーザーにも持ちやすいスペック

ヤフーカードの後継の役割を考えると、年会費無料、3大ブランドの対応は大前提となると思います。
気になる還元率ですが、クレジットカード利用で1%以上の還元率になると思います。

あとはPayPayとの連携でどのくらいポイントが貯まるかですが、現状ヤフーカードからだと1%の還元をしていることを考えると1%以上、もしかすると他社サービスへ対抗して2%などの還元があるかもしれないですね。
PayPayは加盟店で利用すると3%分のポイントが貯まるので、PayPayカードと合わせて5%以上のポイントバックがあるかもしれません。

PayPayカードの発行はいつ頃?

Yahoo!が社名変更を含めた準備を進めていることを考えると、PayPayカードの誕生は2020年以降になるのではないかと予想されます。
ただ、アメリカのAppleCardやLINEのLINEPayカードはリリースの準備が着々と進んでいるので、のんびりしている時間はなさそうです。

まとめ

Yahoo!からPayPayへ。
しばらくは戸惑いもありそうですが、スマホ決済サービスから定着したPayPayという名称はわりと早く受け入れられるかもしれませんね。
ライバルである楽天では楽天カード、楽天市場、楽天証券、楽天トラベルなどなど…すでに自社名でのブランディングを固めているので、PayPayも同じくらいに成長できるか注目ですね。

私もヤフーショッピングやヤフーカード、ジャパンネット銀行を利用しているので、いちYahoo!ユーザーとして、今後のPayPay動向を楽しみにしたいと思います。