QR決済と仮想通貨の今を考える

思えば2017年12月。
世間は仮想通貨一色という感じでしたね。

ビットコインはもちろん、アルトコインのリップル、ビットコインキャッシュ、ネム、ライトコインなどなど…
今にして思えばなぜあそこまで盛り上がったのか、まるでそれは夢だったのかというくらいあっという間に熱が冷めてしまいました。

私も仮想通貨のブームに乗っかった一人で、昨年の今頃は毎日仮想通貨の値動きを見ることを楽しんでいました。

すっかりと忘れ去られてしまった仮想通貨の後を継ぐように、今巷ではQR決済が流行っていますね。
話題性もサービスとしての機能も仮想通貨の位置にそのままQR決済がはまった印象があります。

仮想通貨の役割

仮想通貨に期待されていたことは、街のお店で使えることや友人や遠く離れた家族に手数料が少なく、簡単に送金ができるということがありました。
今後の仮想通貨が世間一般に普及して、私たちの生活に馴染んでいくものだとずっと思っていました。

結局価格の安定しなく仮想通貨では「お金」としての役割を果たすことができず、生活に馴染まないまま捨てれていってしまいました。

仮想通貨の衰退とQR決済の普及

仮想通貨はコインチェックのネム流失事件を皮切りにどんどん廃れていってしまいました。
2018年は仮想通貨イヤーになるどころか、年始からコインチェックに出鼻をくじかれてからというもの、結局勢いを取り戻すことができませんでしたね。

仮想通貨の値段は一向に回復する兆しも見えずに、このまま2018年も終わってしまうのかというところで、一つの光が差し込んできました。

2018年12月にソフトバンクとヤフーが連携してリリースしたサービス、PayPay(ペイペイ)が100億円あげちゃうキャンペーンと称して、買いものの度に20%キャッシュバックと全額ポイントバックのキャンペーンを行いました。

これまでもQR決済そのものは存在していましたが、このキャンペーンにより世間にQR決済の存在が強く知らしめることとなり、楽天ペイやLine Payといった他のサービスも一気に注目度が上がりました!
私個人の体感としてですが、QR決済は昨年の仮想通貨並みの盛り上がりを見せていますね。

QR決済の機能とは?

そもそもQR決済とはどのようなものなのでしょうか?
QR決済はスマホにアプリをインストールして、スマホに表示したバーコードを読み取ることで支払いを完了するものです。
まあ送金機能を備えており、友だち間でお金をやり取りできるので飲み会の費用の割り勘などをかんたんに行うことができます。

あれっ?とそこでひとつの疑問が生まれました。
もともとビットコインのウォレットアプリであるbitFlyerでは同じような機能があり、QRコードを表示してビットコインでビックカメラで買い物をすることができました。

QR決済の現在は2017年に私たちが思い描いていた仮想通貨のあるべき姿だったのではないか、と。

死ぬサービスと甦るサービス

2017年の冬にはQR決済と仮想通貨は全く逆の立ち位置になっていました。
それが一年後の2018年に真逆になるということを誰が予想していたでしょうか?

QR決済と仮想通貨とは全く異なるもののようですが、世間に期待されていることとしては、キャッシュレス化という部分で同じな気がします。

死んでしまった仮想通貨。
甦ったQR決済。

また数年後には違う見え方となっているのでしょうね。
各々が今後どのように進んでいくのか今から楽しみです!