銀聯カード(UnionPay/ユニオンペイ)とはどんなもの?中国で生まれたクレジットカードの国際ブランドです

JCB、VISA、MasterCard、AMEX、ダイナースクラブなどなど。
クレジットカードには必ず発行元の国際ブランドがあり、それぞれで使えるお店が異なります。

例えばJCBは日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)の略称で、日本が発行した国際ブランドです。
日本国内では問題なく使えるのですが、海外旅行などで利用しようと思うと使えないお店が多いです。

VISAやMasterCardは海外が発行元なので、海外旅行先でも問題なく使うことができるのです。

そんなクレジットカードの国際ブランドでUnionPayのロゴを見ることはありませんか?

これが銀聯カード(UnionPay)のロゴマークで、最近日本でも使えるお店が増えています。
今回は銀聯カードとはどんなものなのかと、日本で持てる銀聯カードのクレジットカードをご紹介したいと思います。

 

銀聯カード(UnionPay)とは?


銀聯カードは中国銀聯という中華人民共和国を中心に展開している決済サービスを提供している会社です。
日本の決済サービスの会社がJCBであるのに対して、中国では銀聯カードということになりますね。

日本ではあまり馴染みのないブランドなのですが、最近中国人観光客が増えていることで対応しているお店が増えていますね。
一時期爆買いなどで日本の家電を大量買していたときには、銀聯カードももちろん利用されていました。

 

日本で銀聯カードの発行するクレジットカードを持つことができるの?


日本でも三井住友カードや三菱UFJニコスなどで銀聯カードのクレジットカードを発行しています。
日本国内で利用する目的というよりは中国を始めとするアジア圏の海外旅行先で活用できるものが多いですね。


Trip.comグローバルカードはアジア圏への旅行や出張に活用するクレジットカードで、ホテルの予約料金が最大10%割引になるクーポンコードを発行しています。
利用金額に応じてキャッシュバックを受けられるキャンペーンや、ポイント優遇キャンペーンも実施していますよ。

銀聯カードは世界で65億枚発行されており、中国でもっとも利用されているクレジットカードです。
中国経済の勢いと中国人の人口を考えるとこれからどんどん拡大が予想されます。
日本ではまだまだ馴染みのない国際ブランドですが、1枚持っておくと今後使う機会が増えてくるかもしれませんね。

 

まとめ


銀聯カードはまだまだ日本では馴染みのない国際ブランドですよね。
おそらく銀聯カードのクレジットカードを持っているという方はほとんどいないのではないでしょうか?

しかし、前述したとおり中国の勢いを考えると今後大きく成長する可能性があります。
まだ銀聯カードの国際ブランドを持っていない方、中国やアジアへの旅行を予定している方は発行を検討してみてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です