エポスカードをプラチナからゴールドへダウングレードした体験談

エポスプラチナカードはエポスカードの最高ランクのクレジットカードです。

私もメインカードに利用しており文句ないスペックを誇っているのですが、今回ゴールドカードへのダウングレード(切り替え)をすることにしました。

初めて持った年会費2万円以上のカードということで個人的に思い入れも強かったのですが、今回ダウングレードするに至った経緯と切り替えをする方法をご紹介します。

エポスプラチナカードの入手方法とインビテーションされる条件は以下の記事を読んでください。
エポスプラチナカードへインビテーションされる条件は?インビテーションの体験談をご紹介します!

スポンサードサーチ

ダウングレードをするに至った理由

今回ダウングレードすることを決意した理由で一番大きいのはボーナスポイントの還元率が悪いからです。

エポスプラチナカードは年間利用額に応じて以下のようなボーナスポイントがもらえます。

年間利用額 ボーナスポイント
100万 20000ポイント
200万 30000ポイント
300万 40000ポイント
500万 50000ポイント
700万 60000ポイント
900万 70000ポイント
1100万 80000ポイント
1300万 90000ポイント
1500万 100000ポイント

一方でエポスゴールドカードはこのような還元率になっています。

年間利用額 ボーナスポイント
50万 2500ポイント
100万 10000ポイント

一見するとプラチナカードの還元率は非常に高く見えますが、エポスプラチナカードは年会費が30,000円(インビテーションなら20,000円)かかります。
つまりインビテーションで手に入れている場合でも、100万円利用して年会費と相殺する形になり、200万円利用して10,000円分のボーナスポイントがもらえます。
このポイント還元率は0.5%になっており、エポスカードの通常のポイント還元率の0.5%と合わせると1%のポイント還元率になります。

一方でエポスゴールドカードは100万円利用すると10,000円分のボーナスポイントがもらえるので、エポスカードの通常のポイント還元率(0.5%)と合わせて1.5%のポイント還元率になるのです。

私は2年ほどエポスプラチナカードを使ってきましたが、200万円が限界でそれ以上ボーナスポイントをもらうことができませんでした…
そのため今回ダウングレードを決意したのです。

エポスプラチナカードは単純なポイント還元率以外にも誕生月にポイントが2倍になったり、プライオリティ・パスが使えるなど様々な特典もありますが、単純にポイント還元率を比較してしまうとゴールドカードに劣ってしまう部分が多いのです。

インパクトの弱いファミリーボーナスポイント

エポスカードは家族でゴールドカードを保有することができ、全員で利用した金額に応じてポイントがもらえます。
エポスカードを最強の還元率にできる!エポスファミリーゴールドを申し込んで還元率1.7%!?

これは利用する人は1人でも対象になるので、家族の方に1枚持ってもらうとポイントを貰うことができます。
ゴールドカードを保有していることで空港ラウンジを使うことができるので1人1米持っていると何かと便利です。

家族の中で1人の方がプラチナカードの場合にはポイントが2倍になるのですが、還元率は0.1%⇒0.2%になる程度なのでインパクトは弱いです。
これであればゴールドカードでも十分に恩恵を受けることができると考えたことも今回ゴールドカードへ切り替えることになった経緯になります。

ダウングレードをする手順

エポスカードの切り替え申請をするためにカードの裏側に書かれている電話番号へ電話をしましょう。

プラチナデスク 0120-20-7711
エポスカスタマーセンター 03-3383-0101 06-6630-0101

私は今回プラチナデスクへ連絡をしました。

コールセンターでゴールドカードへ切り替えをしたい旨を伝えたところ、現在のプラチナカードのボーナスポイント特典を受けつつ、ゴールドカードへ切り替える方法があるようです。
もちろん年会費を余計に払う必要はなく、切り替え後には年会費無料でゴールドカードを使うことができます。

プラチナカードのボーナスポイントを受けつつ、ゴールドカードへ切り替えができるのは衝撃でした。
この辺はエポスカードの体制がしっかりと整っていることに感動です!

私のポイント集計は9月30日までとなっており、ゴールドカードの切り替え書類を9月中旬ごろに発送して欲しいとのことでした。
今回連絡をしたのは8月中旬だったので、およそ1ヶ月ほど待つことになります。
これは忘れないように対応する必要がありますね。

8月中旬 切り替え連絡
8月下旬 ゴールドカードインビテーション書類受け取り
9月中旬 ゴールドカードインビテーション書類送付
9月末日 プラチナカードの権利終了
10月   ゴールドカード受け取り・ゴールドデスクへ切り替えの連絡

私の切り替えの流れとしては上記のようになります。

プラチナカードはゴールドカードが届くまではそのまま使うことができます。
カードがなく不便に感じることはありません。
注意事項としては10月からカードの切り替えになるので、10月以降にプラチナカードの特典(プライオリティパスやプラチナグルメクーポンなど)を使ってしまうと、年会費を無料にすることができないと言われました…

万が一、切り替え時期がずれてしまうとプラチナカードの年会費が請求として上がってしまうことがあるけれど、これはエポスカード側で減算処理をしてくれるので大丈夫とのことです。

切り替えするときの注意点!

エポスプラチナカードからエポスゴールドカードへ変更する場合、カード番号が変わってしまうので、各種支払いにエポスプラチナカードを使っている場合には変更手続きが必要になってしまいます。
うっかり忘れてしまうと支払いが行われず困ったことになってしまうので、忘れずに変更手続きをするようにしましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

エポスプラチナカードを切り替えする方法をご紹介しました。
プラチナカードからゴールドカードへダウングレードをしてしまうと、以後プラチナカードへインビテーションが来ることはないのでそこは注意が必要かもしれません。

エポスプラチナカードは年会費もお手頃で満足度の高いサービスが付いています。

今回私は切り替えをしましたが、要は使い道によると思うので、よく検討して切り替えをするようにしましょう。